なぜ池田なの?

池田市は日本の染・織伝来の地

5世紀ごろ呉から、呉服【くれはとり】、穴織【あやはとり】の2人の織姫がこの地に渡り、織物や染色の技術を伝えたといわれています。池田市の市章は外側の井桁は、織姫たちが糸を染めるために水を汲んだ井戸・染殿井を、内側は織姫たちが織物に使った糸巻きを表し、機織り技術の伝来の地、池田を象徴。池田市は日本の染・織文化と深い縁に結ばれています。
池田市室町にある呉服【くれは】神社は、呉の王から遣わされ、機織りや染色の技術を日本に伝えたという呉服姫を祀った神社です。また、池田市綾羽にある伊居太(いけだ)神社は、穴織姫を祀った神社。池田市は、これら二神のいる日本の呉服発祥の地です。 大島紬美術館をなぜ池田市に設けたのか。その答えは、ここにあります。